「株式会社サイキンソー」への投資を実行しました

「株式会社サイキンソー」への投資を実行

 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社(以下「OUVC」)(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:神保敏明)を無限責任組合員とするOUVC1号投資事業有限責任組合(以下「OUVC1号ファンド」)は、株式会社サイキンソー(以下「サイキンソー」)(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:沢井悠)に対し、1031日付で150百万円の投資を実行しました。

大阪大学の研究成果を基に、腸内環境の分析サービスを提供 

 サイキンソーは、人体の「腸内細菌叢(そう)」をDNA解析・評価して、腸内環境の分析サービスを提供しているベンチャー企業です。同社は、DNAの迅速解析法の研究に取り組んでいる大阪大学微生物病研究所の中村特任准教授と連携し、2015年より腸内細菌叢の迅速解析法に関して共同研究を進めています。共同研究の成果として、細菌叢検査サービスの分野では国内最大規模となる15,000検体のデータを保有していることが同社独自の強みにつながっています。
 腸内細菌叢とは、腸内に棲みついている微生物の集団で、その働きは身体機能や免疫機能の活性化などの面で、人体の健康に大きな影響を与えていると言われています。同社は、次世代シーケンサ(※DNA 配列を高速かつ大量に読み取る装置)を用いることにより、腸内環境の状態を明らかにする「Mykinso(マイキンソー)」というサービスを提供しています。同サービスを活用することにより、利用者は腸内細菌の変化に基づき、生活習慣病や消化器疾患との関係性を調べることができます。

191029_blog_1

「未病検知サービス」へ事業展開

 今回の資金調達により、蓄積した腸内細菌叢のデータと同社独自のAI解析技術の分析を組み合わせた「未病検知サービス」の研究・開発を進める計画です。未病とは、病気には至っていないが発病する可能性が高い状態のことで、利用者の腸内細菌叢を分析することで、様々な未病を事前に検知して改善を促すサービスを目指して開発を進めています。同サービスを活用することで生活習慣の改善や疾患の早期発見が可能となるため、予防医療の観点からも同社事業へ投資する意義が大きいと判断し、投資を実行いたしました。

 

・サイキンソーの概要

会社設立  2014年1119
事業内容  人体の腸内細菌叢をDNA解析・評価してセルフケアに貢献するサービス提
      供
所在地   東京都渋谷区代々木1-36-1 オダカビル2
代表取締役 沢井 悠(さわい ゆう)
URL     https://cykinso.co.jp/

PDF版はこちら

関連