「株式会社メトセラ」への投資を実行しました

 

株式会社メトセラ」への投資を実行 
 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社(以下「OUVC」)(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:清水速水)を無限責任組合員とするOUVC2号投資事業有限責任組合(以下「OUVC2号ファンド」)は、株式会社メトセラ(以下「メトセラ」)(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:岩宮 貴紘/野上 健一)に対し、200百万円の投資を実行しました。

「心不全向けの新しい再生医療等製品」を開発
 メトセラは根本的な治療法がない慢性心不全に対し、自家細胞治療法「MTC001」を開発し、低コストで安全な治療を実現する、再生医療等製品を開発するベンチャー企業です。
 MTC001はメトセラが発見・発明した心不全の治療に適した心臓線維芽細胞(VCF)と投与用の新規カテーテルを組み合わせた自家の再生医療製品です。VCFは心臓内でのリンパ管新生や心筋細胞の増殖を促すという特性を備えた細胞であり、ダメージを受けた心組織の回復を促すことで慢性心不全に有効性を発揮することが期待されます。また、患者自身の心臓からカテーテルで採取した組織を利用するため、免疫抑制剤を使用する必要がなく、培養が容易で低コスト製造を実現しやすいことが特長です。更に、VCFの投与には専用に開発したカテーテルを用いており、患者負担が小さい低侵襲な治療法であるとともに、VCFをターゲット部位に正確に投与できることから、再現性の高い治療法として提供することが可能です。
 これまでの開発によってMTC001の非臨床試験での安全性・有効性が確認されており、2021年6月には筑波大学附属病院において第Ⅰ相医師主導治験が開始されています。

今回の投資資金により、臨床開発を進める
 メトセラは、今回調達した資金を活用して、同社が開発を進めるMTC001の国内外での開発をさらに加速させていきます。また、OUVCでは今後のパイプライン開発および開発シーズ検討において大阪大学を含むアカデミアとの連携に向けた支援を実施していきます。
 MTC001は、患者数が多くアンメットメディカルニーズが深い心不全に対する根本的な治療法として期待されるほか、メトセラが保有するVCFに関する技術は他の線維症への適応も期待できるものであり、大きな社会課題の解決に繋がる技術を開発するベンチャー企業としてOUVCが支援する意義は大きいと考えています。




メトセラの概要

会社設立 2016年3月
事業内容 線維芽細胞を用いた細胞治療の研究・開発
所在地 神奈川県川崎市
代表取締役 岩宮 貴紘/野上 健一
URL https://www.metcela.com/


OUVC2号ファンドの概要

ファンド名称 :OUVC2号投資事業有限責任組合(OUVC2号ファンド)
ファンド規模 :106.5億円
運用期間 :2021年1月1日~2032年12月31日(最大3年の延長可)
投資対象 :大阪大学並びに他の国立大学の研究成果を活用したベンチャー企業
有限責任組合員 :大阪大学、国内金融機関・事業会社
無限責任組合員 :大阪大学ベンチャーキャピタル

 


関連