株式会社イムノセンスが、NEDO STS事業に採択されました

 OUVC1号ファンドの投資先である株式会社イムノセンス(本社:大阪府大阪市、代表取締役:杉原宏和)が、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDO)の「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援(以下STS)※1 」に採択されました。

■採択内容
・助成事業の名称:独自の電気化学免疫測定法による高性能POCT機器の研究開発
・事業期間:2021101日~20233月末日

 イムノセンスは、独自の技術「GLEIA(Gold-Linked Electrochemical Immunoassay)」によって、小型・簡便・高精度な新しいPOCT(Point of Care Testing)製品を実現し、「いつでも・だれでも・どこでも医療グレードの迅速検査」を享受できる世界を目指しています。

※1 NEDO STSについて
2020 年 7 月 17 日に閣議決定された「成長戦略フォローアップ」において、「企業価値又は時価総額が 10 億ドル以上となる未上場スタートアップ企業(ユニコーン)又は上場スタートアップ企業を 2025 年度までに 50 社創出する」など、官民が一丸となりスタートアップ・エコシステムの構築を加速し、グローバルなスタートアップ企業創出に取り組む事業。

イムノセンスの概要

会社設立 2018年1月
事業内容 POCT向け免疫センサデバイスの開発
所在地 本社:大阪府大阪市中央区備後町四丁目1番3号
事業所:大阪府吹田市山田丘2-1 大阪大学フォトニクスセンター319号
代表取締役 杉原 宏和
URL https://immunosens.com/

 


関連