「株式会社HOIST」への追加投資を実行しました

 

阪大発ベンチャー「株式会社HOIST」への追加投資を実行
 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社(以下「OUVC」)(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:清水速水)を無限責任組合員とするOUVC1号投資事業有限責任組合(以下「OUVC1号ファンド」)は、株式会社HOIST(以下、「HOIST」)(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:柿沼千早)に対し、11月27日付で150百万円の追加投資を実行しました。OUVC1号ファンドはHOISTに対して2019年11月に100百万円の投資を実行しており、今回は2回目の投資実行となります。

大阪大学の研究成果を基に、創薬支援事業およびがん治療創薬事業を展開
 HOISTは創薬支援技術およびがん治療薬の研究開発を行う大阪大学発のバイオベンチャーです。同社は大阪大学薬学研究科の辻川和丈教授の研究成果を実用化するため、2019年5月に設立されました。

 上記の創薬支援技術は、今後の新規抗がん剤の評価に必須となる、患者腫瘍組織移植マウスモデル(PDX)および患者腫瘍組織から直接樹立された初代培養細胞(PDC)に関する製造/特徴情報の付与技術になります。PDX/PDCは従来の長期継代された細胞株を用いた評価と比較して、より臨床に近い評価ができることが最大の特徴です。同社は本技術をさらに発展させ、同所移植PDXモデルの開発に取り組み、さらに予測性の高いモデルを提供します。また、自社開発のがん治療創薬にも適用することで、臨床試験の成功確率アップという事業シナジーを見込んでいます。

 また、がん治療薬の開発では、創業初期から複数のパイプラインを有していることが強みです。中でも、先行して開発を進めている膀胱がん治療薬(MA-T)については、適用する無機化合物の特徴により、既存薬と比較して有効性または安全性で上回ることが期待されています。加えて、新しいターゲットであるエピトランスクリプトミクス創薬の研究開発を推進し、革新的ながん治療薬の創出を目指しています。

今回の投資資金により更なる技術開発、事業開発を進める
 2019年11月の初回投資の資金を活用し研究開発を進めた結果、技術マイルストーンであった膀胱がん治療薬(MA-T)の安全性試験の要件明確化と特許出願等が確認できたことから、OUVCではHOISTへの追加投資を決定しました。HOISTは今回調達した資金をもとにMA-Tの安全性の確認、その他パイプラインの有効性確認や製薬会社との提携交渉、および創薬支援事業の本格展開を進める計画です。OUVCでは、前回から引き続き取締役を派遣する事により、ハンズオンで支援を継続してまいります。

 

・HOISTの概要

社名 株式会社HOIST(2020年11月1日「Beyond Frontier株式会社」から商号変更)
会社設立 2019年5月
事業内容 創薬支援事業およびがん治療薬創薬事業
代表取締役 柿沼 千早
URL https://hoist-jp.com/

 


関連