アイポアと大阪大学の新型コロナウイルスの迅速検査に対する取り組みが、英Nature Communications誌に掲載されました

 

 OUVC1号ファンドの投資先であるアイポア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:直野典彦)と大阪大学が共同で研究を進めている新型コロナウイルスの迅速検査に対する取り組みが、英国科学誌「Nature Communications」に掲載されました。

 今回の取り組みは、アイポアが開発する「アイポア微粒子分析ソリューション」(※1)を活用して、患者の唾液から新型コロナウイルスの陽性陰性を5分という短時間で計測するもので、約90%以上の感度・特異度での診断結果が実証できています。実際に、本検査法を用いた大規模フィールドテストを2021年の春のセンバツ高校野球で実施し、PCR検査との一致率100%を達成しています。
 今回の取り組みにより、新型コロナウイルスの臨床現場即時診断とスクリーニング検査の実現が期待されています。

 なお本研究開発は、AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)による「AMED令和2年度ウイルス等感染症対策技術開発事業(実証・改良研究)」の補助事業名「ナノポア技術と機械学習を用いた新型コロナウイルス検査法に関する研究」で支援を受けています。

 当社としても、今回の「Nature Communications」への掲載はアイポアの本研究開発の成果が評価された大きな一歩考えており、閉塞感漂うコロナ禍の社会を変革すべく1日でも早い実用化を期待しています。

※1  アイポア微粒子分析ソリューションについて
本ソリューションは、アイポアセンサモジュール(NOK株式会社製および株式会社朝日ラバー製)、微粒子計測装置(株式会社アドバンテスト製)、 AIソフトウェアAipore-OneTM(アイポア株式会社開発/運営)から構成されており、全てアイポアが販売している製品になります。なお、本ソリューションは、理化学研究用微粒子分析を目的とした製品であり、医療機器ではありません。

210617_blog_1



アイポアの概要

会社設立 2018年9月
事業内容 人工知能を活用した IoT ナノ粒子センサの開発および販売
所在地 東京都渋谷区
代表取締役社長 直野 典彦(なおの のりひこ)
URL https://aipore.com/

 


関連