NEDOのSTS事業に係る認定VC採択のお知らせ

  

 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社(以下「OUVC」)(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:清水速水)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)の「研究開発型スタートアップ支援事業 /ベンチャーキャピタル等の認定」に係る公募に申請し、認定VCとして採択されましたことをお知らせします。
 NEDOでは、STS事業(※)として、将来の大型スタートアップとなるシード期の研究開発型スタートアップの創出・育成を目的に、シード期の研究開発型スタートアップに対しハンズオンによる経営サポートを行うことができるVC等を認定し、その認定したVCと協調して当該スタートアップを支援しています。

STS事業(Seed-stage Technology-based Startup
具体的な技術シーズを活用した事業構想を持ち、認定VCから、NEDOに申請する助成対象費用の1/3以上の出資を受ける研究開発型スタートアップに対して、助成金を交付する制度(助成率:2/3以内、1件当たりの上限金額:STSの場合は7,000万円、STS2の場合は2億円)。ただし、実際に助成を受けるためにはNEDOの審査を通過する必要があります。詳細はNEDOのHPをご参照ください。
https://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100091.html

 OUVCでは今回の認定を受けて、研究開発型ベンチャー企業への投資並びにハンズオン支援をより強化していく所存です。
 なお、2021年1月に新設したOUVC2号ファンドでは「大阪大学」の研究成果を活用したベンチャー企業への投資のみならず、「他の国立大学」の研究成果を活用したベンチャー企業へも投資が可能になりました。資金調達を検討されている、国立大学発のベンチャー企業がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

NEDOリリース(「研究開発型スタートアップ支援事業 /ベンチャーキャピタル等の認定」に係る認定VCの決定について)
https://www.nedo.go.jp/koubo/CA3_100288.html


<OUVC2号ファンドの概要>
ファンド名称 OUVC2号投資事業有限責任組合(OUVC2号ファンド)
ファンド規模 約95億円(2021年1月1日時点)
運用期間 2021年1月1日~2032年12月31日(最大3年の延長可)
投資対象 大阪大学並びに他の国立大学の研究成果を活用したベンチャー企業
有限責任組合員 大阪大学、国内金融機関・事業会社
無限責任組合員 大阪大学ベンチャーキャピタル

 


関連