インターン生の修了発表を行ないました


 当社にて約1カ月半にわたりインターンを行なった、大阪大学工学部・松下啓一郎さんが、OUVCインターンシップ修了発表を行ないました。新型コロナウイルスの影響により、初のオンライン開催となりましたが、当社従業員のほか、大阪大学共創機構産学共創本部の教職員も出席し、真剣な発表に耳を傾けました。

20201001_blog_1


 松下さんは、「コロナ禍におけるスタートアップを取り巻く環境変化について」というテーマでプレゼンテーションをされました。直近のベンチャー投資の状況や金融機関や行政機関からベンチャー企業への支援策など、コロナウイルスの影響で実際にベンチャー企業にどのような影響があり、どのような支援策があるのかといった内容を約20分間にわたり発表されました。インターンは約1か月半という限られた期間でしたが、ご自身の体験談も踏まえ簡潔に分かりやすくまとめられており、積極的に業務に取り組まれたことが分かる質の高いプレゼンテーションでした。弊社社員にとっても非常に興味深い内容で、参加したメンバーとの活発な質疑応答が行われました。

20201001_blog_2
 

 無事発表を終えた松下さんには、当社代表取締役の清水速水より修了証の授与を行いました。

20201001_blog_3

 当社は、学部生・大学院生、自然・社会科学系の区別を問わず、インターン希望者を受け入れ、実習の場を設けています。特に、以下のような方の積極的な「挑戦」を歓迎いたします。

 ・自身の研究成果を事業化してみたい人、または、事業化できるか試したい人
・将来的にベンチャー企業の経営に関わりたい人
・ベンチャー投資を通じて豊かな社会作りを支援したい人
・起業したい人、起業アイデアをお持ちの人

 関心がある方は、本サイト上部の「お問合せ」よりご連絡ください。


関連