「ルクサナバイオテク株式会社」が大日本住友製薬株式会社と共同研究契約を締結

 

 OUVC1号ファンドの投資先であるルクサナバイオテク株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:佐藤秀昭)が大日本住友製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:野村博)と共同研究契約を締結いたしました。
 両社は、20196月より、遺伝子変異に起因する精神神経疾患を対象に、特定の遺伝子を標的にした核酸医薬品(※1)の共同研究に取り組んでいました。この度、これまでの共同研究を拡張し、複数の難治性精神神経疾患を対象に、複数の遺伝子を標的とした核酸医薬品の創製を進める事で合意に至りました。
 大日本住友製薬の精神神経疾患領域における医薬品研究開発の実績に基づく豊富な知見と、ルクサナバイオテクの架橋型人工核酸技術を基盤とした創薬技術を掛け合わせることで、新たな核酸医薬品の創製を目指しています。
 ルクサナバイオテクにとっては、日産化学株式会社(本社:東京都中央区)、非公表の2社に続く、4社目の共同研究契約になります。

※1 核酸医薬…従来の低分子医薬品や抗体医薬品では標的にできなかった、遺伝子から放出される伝達物質(RNA)を創薬ターゲットとする手法。これまで治療が難しかった病気の治療が可能になるなど、次世代の医薬品として高い期待が寄せられている。

詳細はこちらをご参照ください。


・ルクサナバイオテクの概要
会社設立        2017年12月
事業内容  人工核酸技術を活用した核酸医薬品の共同創薬
所在地   大阪府吹田市山田丘2-8 テクノアライアンスC 9F C907
代表取締役 佐藤 秀昭(さとう ひであき)
URL     https://luxnabiotech.co.jp/

 


関連